【よっしゃこい祭展示/くれ協働センター】

明日は第60回呉みなと祭です!
天気も良さそうで何よりです!!

くれ協働センターではよっしゃこい祭の特集展示を行っており、すでにお祭りモード!
_20170428_144619.JPG今回の展示は、よっしゃこい祭運営委員会委員長の樽村建治さんにご協力いただき、貴重なよっしゃこい祭の写真の展示、過去のイベントチラシを配布しています。

協働センター入り口付近(イベント情報の近く)でみなと祭とよっしゃこい祭のパンフレットを配布しているのですが、もうすでに少なくなっています。
配布だけでなく、会場別のタイムスケジュールも展示していますのでぜひ予定を立てる際の参考になさってください。
_20170428_144331.JPG昨日よっしゃこい祭のホームページ(http://yosya.jp/)を拝見したところ、くれ協働センターでの展示PRをしてくださっていました。
ホームページにも書いていただいていますが、センター中央に大きな鳴子の寄せ書きコーナーを設けています。
ぜひ展示をご覧いただき、メッセージを書いてくださいね。


協働センタースタッフ 岩崎







【呉ロケ地情報】

桜の季節も終わり、新緑が目にまぶしくなってまいりましたね。

ゴールデンウィークも間近となり、
「どこへ行こうか」
と思いを巡らせている方も多いのではないでしょうか。(^^)

ひろ協働センターでは「呉ロケ地情報」のコーナーを設けています。
コーナーの内容は、その時々でテーマを変えて、構成をしておりますが、
今回の特集は「とびしま海道のロケ地特集」

C95mf_5UMAAE2tl.jpg

去年、大ヒットとなった「#モヒカン故郷に帰る」の映画の記憶もまだあたらしいのでは。
好評だった「モヒカン故郷に帰る」のロケ地マップも配布中。

ご存知でしょうか。
とびしま海道の中でも、大崎下島が映画やドラマのロケ地になった映画は多くあります。
「旅の贈り物」「火の魚」「小栗家の奇跡」「山本五十六」「男はつらいよ」などなど、、

C95mgAqVwAADRU0.jpg


レンタルビデオなどで作品を借りて観て
「あぁ、このシーンは、とびしまじゃね♪ちょっと行ってみようか」
なんて楽しみ方もオススメです。

情報は随時追加しています。

どうぞお立ち寄りください。(^^)

ひろ協働センタースタッフ 井上


【NPO相談日変更のご案内/くれ協働センター】

こんにちは。

本日はNPO相談日変更のお知らせです。

5月から、くれ協働センターのNPO相談日が毎週木曜日9:00~12:00と金曜日17:00~20:00に変更となります。

金曜の相談日はお仕事帰りの方にも立ち寄っていただきやすい時間帯です。

また、ひろ協働センターの相談日は毎週火曜日9:00~12:00に変更となります。

そもそもNPOって何?
どうやって作るの?
ボランティア団体との違いは?
こんな簡単なこと聞いてもいいのかな?と思われるようなことも是非ご相談ください。
NPOに興味のある方、お待ちしております。

相談には事前のご予約が必要ですのでお問い合わせください。
※ボランティアに関する相談は各センター随時行っています。
よろしくお願いします!

http://kurekyoudou.net 

協働センタースタッフ 岩崎

【地域情報:豊浜マップ】


  とても可愛い地域マップが届きました!
 
豊浜まちづくり協議会 ワーキンググループさんが作成した「小野浦迷路探検マップ」です。

18056962_1403106739749412_6644048408285548471_n.jpg
 
島に住む40〜50代の方々が集まり、実際に散歩しながら見つけた面白い場所をマップにしたそうです。
 
イラストは、豊浜に移住された作家、おりでちせさん(http://www.oridechise.net/top.html)によるものです。
本当に可愛い!

18033860_1403112549748831_8778631662137002336_n.jpg 18010824_1403112596415493_7723565307094209631_n.jpg
前々からワーキンググループで活動されている方にお聞きしたところ「外から来たの気づきも合わせられけん良かったね。猫の足あとなんかも、わしらは気付かんね」と楽しそうに語られていました。
 
18010051_1403112639748822_567706757919647765_n.jpgのサムネール画像地域の人ならではの詳しい情報と、外から来た人ならではの気づきが詰まった、とても楽しいマップです。
 
他の地域も参考にさせてもらえる、お手本マップかもしれませんよ。
 
こちらのマップは、各支所、協働センターでも配布しています。
PDFデータをダウンロードすることもできるようですよ。
https://www.city.kure.lg.jp/.../50/onourameirotannkennmap.html
 
ぜひ、ご覧になってみてください!
 
 
スタッフ 小野


【『この世界の片隅に』パネル展示中!】


18033224_1402238033169616_6227048667768739118_n.jpg呉が舞台の映画『この世界の片隅に』の主人公すずさんと、その声を担当した女優のんさんのパネルを呉市役所1階、絆ホール前に展示しています!
 
昨年11月より展示しているレイアウト原画と合わせてご覧ください。
 
展示日時は、くれ協働センターの開館と同じ、火〜日曜日の9〜20時です。
 
ぜひ、すずさんとのんちゃんと写真を撮ってくださいね!
 
パネルは呉観光協会さん(https://www.kure-kankou.jp/)のご協力で設置させていただきました。
 
地元、呉ポポロシアターでは、今も上映中です。
https://www.facebook.com/kurepopolo/?fref=ts
 
作品で改めて呉について思いを巡らせてみてくださいね♪
 
 
スタッフ 小野

【助成金情報/ひろ協働センター】

現在、ひろ協働センターで紹介している助成金情報です。


⚫︎全労済地域貢献助成事業

応募期間:2017322日(水)~45日(水)

対象団体:日本国内を主たる活動の場とする、下記(1)~(3)のいずれにも該当する団体を対象とします。

(1)NPO法人、任意団体、市民団体

(2)設立後1年以上の活動実績を有する団体(基準日:201735日)

(3)直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

対象となる活動:

1)自然災害に備え、いのちを守るための活動

2)地域の自然環境・生態系を守る活動

3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動

4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生みだす活動

5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動

助成内容:1団体に対する助成上限額:30万円。

応募は1団体あたり1事業のみとなります。

Web http://www.zenrosai.coop/zenrosai/topics/2017/21547.html#index01

 


⚫︎木口福祉財団 地域福祉振興助成

公募期間 :平成29年3月13日(月)~4月20日(木)  

応募資格:

障がい者を支援する福祉活動、ボランティア活動に取り組む団体・グループであって 平成28年度に当財団の助成を受けていないこと

助成内容1件あたりの上限額  100万円

助 成 額  助成率は助成対象費用の80%以内で 助成総額は2,600万円を予定

Web: http://kiguchi.or.jp/


 

⚫︎庭野平和財団

受付期間 : 315430 (締切日:430日・必着)

対象:個人・団体のいずれも応募することができます。応募者の国籍は問いません。  団体の場合、法人格の有無は問いません。ただし継続性のあることを原則とします。

 対象となる活動 :宗教的精神に基づいて行われる平和のための活動(A又はB)を対象とします。  

  A. 宗教的精神に基づく社会・平和活動  

宗教的精神に基づく社会活動とは、神仏への畏敬の念から発して、広く社会及び個人の生活

における 物心両面の福祉に寄与することを志向する活動を意味します。

具体的には、特定の宗教の枠を越えて展開されている平和のための教育

開発協力・環境保護・人権擁護・高齢化問題への対策等の活動を指します。

 B. 地域で展開される草の根活動  

様々な団体・個人が共に深い精神性をもって展開され、地域のエンパワーメントを創生する

活動に助成を行います。既存の枠にとらわれない、新しい価値観の創造を期待します。

具体的には地域で展開される草の根の活動が、国内外の人々を助けることにどうつながるのかを意識した活動、つまり「地球的規模で考え、足元から実践する」活動を指します。


 助成金額:最高100万円。但し実際の助成額は審査の結果、申請額より減額されることもあります。

 Web: http://www.npf.or.jp/grant/


 

⚫︎16回トムソーヤースクール企画コンテスト

 実施団体:(公財)安藤スポーツ・食文化振興財団

募集時期:201721日~2017517

対象団体: 学校部門:小学校・中学校

一般部門:定款・規定等があり、組織として活動している団体

対象となる活動: 小・中学生が10人以上参加するユニークで

独創性にあふれた自然体験活動の企画

助成金額:10万円(両部門計50団体)、表彰受賞団体には副賞あり

Web: http://www.shizen-taiken.com/

 


 ⚫︎公益信託富士フイルム・グリーンファンド

実施団体:公益信託富士フイルム・グリーンファンド

募集時期:201731日~201758

助成対象:

1)営利を目的としない活動及び研究。

2)活動及び研究が行われるフィールドは、日本国内であるもの。

3)活動助成の場合には、活動フィールドができる限り申請者(申請団体)によって既に確保されている等、活動フィールドの基盤がしっかりしているもの。研究助成の場合には、フィールドでの研究に対し地権者の許可もしくは協力関係が保たれているもの。

4)個人もしくは団体申請において、活動及び研究の実績があるもの。

5)個人による申請の場合、助成金の使途が助成の趣旨に沿って適確・厳正であり、助成金の使途において本人あるいは親族等、特別な関係のある者に利益を与えないもの。

6)団体による申請の場合、代表者または管理者の定めのある団体で、役員その他の機関の構成、選任方法、その他事業の運営に重要な事項が特定の者、あるいは特別の関係者等の意志に従わずに、決定・運営されている団体。

対象となる活動

1)活動助成は、身近な自然の保全や、自然とのふれあいを積極的に行っている人々に対し助成を行うものです。

活動助成=自然環境保全もしくは自然とのふれあい活動

また、本助成での「身近な自然とのふれあい」とは以下の通りです。

「身近な自然」の対象範囲=地域の里地や緑地、及び学校の樹林等を最小限のスケールとし、園芸の範疇に入るものは対象外とする。「自然とのふれあい」=自然と接し楽しむだけではなく、上記のフィールドにおいて自然環境保全、自然環境教育、自然環境保護思想の普及に資する啓発につながるもの

 2)研究助成は、身近な自然環境の保全・活用の促進に関する具体的な研究や、ふれあいの場としての緑地の質的向上を目指した実証研究等を行っている人々に対し助成を行うものです。研究助成=身近な自然環境保全のための調査研究もしくは自然とのふれあいを促進するための調査研究

 助成金額: 1件あたりの上限額: なし 助成金総額:8,500,000

web: http://www.jwrc.or.jp/shintaku/1.htm

 


 ⚫︎みずほ教育福祉財団 第34回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成」

実施団体:(公財)みずほ教育福祉財団

募集時期:201721日~2017531

対象団体:地域において高齢者を主な事象として活動している、あるいはスタッフの中核が高齢者である比較的小規模なボランティアグループで、下記記載の用件を満たすもの。

必要条件

①登録ボランティアスタッフ数:10人~50人程度

②グループ結成以来の活動実績:2年以上(平成293月末時点)

③本助成を過去3年以内(平成26年以降)に受けていないこと。

④グループ名義の金融機関口座を保有し、規約(会則)、会計報告書類が整備されていること。

※法人格のある団体、老人クラブとその内部団体は対象外です。

 対象となる活動:

①高齢者を対象とした生活支援サービス

②高齢者による、地域環境改善等につながる活動

③高齢者と多世代との交流を図る活動

④レクリエーションを通じて高齢者の生活を豊かにする活動

 

助成金額:1団体あたり10万円を上限とする。

Web: http://www.mizuho-ewf.or.jp/appli1.html


 

⚫︎平成29年度 キリン・子ども「 力 ちから 」応援事業 公募助成

実施団体: 公益財団法人 キリン福祉財団

受付期間:平成29年3月22日(水)~4月28日(金)(当日消印有効)

 助成対象となる団体:

18歳以下のメンバーが中心となって活動する4人以上のグループ。

(既にあるグループでも、今回の計画のために新たに結成するグループでも構いません。)

 助成対象となる活動:

子どもたちが健全に成長していくことを願い、「子どもたち自らが主体となって計画・実施する活動」を助成します。本事業は親などの大人が主体となり、子どもの健全な成長を願う"子育て"とは異なり、子どもたち自らが"主体"となることから、大人ではなく子ども自身を申込者とさせていただきます。

また本事業の趣旨から、学校・フリースクール・児童館・児童養護施設側の大人が主体となって立案し、カリキュラムとして計画・指導・運営している授業・クラブ活動・修学旅行・校外学習等は助成対象外とします。 

 助成金額:

(1)1件(一団体)あたりの上限額15万円(総額400万円)

(2)15万円以内の申請であっても審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合がありますのでご了承ください。

(3)助成金については、平成29年7月末までに全額を一括でお支払いいたします。

(4)申請された活動に対しての自己資金の有無は問いません。

 Web: http://www.kirinholdings.co.jp/foundation/


 

⚫︎高齢社会助成/地域福祉チャレンジ活動助成

実施団体ニッセイ財団

募集期間:2017314日~2017531

募集対象団体 :助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協働で活動していく団体。法人格の有無は問わない

 助成テーマ:

1.認知症(「若年性認知症」を含む)の人の地域での生活を支えるチャレンジ 活動 (本財団恒久分野)

 2.サービスの創出に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む)

 3.インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携による地域づくり  に貢献するチャレンジ活動

 4. 医療・介護・福祉・保健の連携を実現するためのチャレンジ活動

 

助成金額:上限200万円/年間,1団体あたり

     ※2年間、最大400万円

Web: http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp

 

【宮原まちづくりセンター探訪】

ひろ協働センタースタッフ 大下です^^

先日、宮原まちづくりセンターにお邪魔してきたので、今日は、宮原まちづくりセンターの紹介をしようと思います!

宮原まちづくりセンター1階で、まず目を引くのが

宮原15.jpg
「ちいと休んでいきんさいや」という看板?と、座って話ができるスペース。
まちづくりセンター館長の平畒さん の顔のイラストに、ほっこりさせてもらえます^^

そして、机の奥に見える青い箱。
何が入っているのだろう??と近づいてみると

宮原16.jpg
まだ何も入っていない空の箱・・・
話を伺ってみると、この箱で6月頃から蛍の幼虫の飼育が始まるそうです!

宮原まちづくりセンターには、人を楽しませてくれる仕掛けがいっぱい♪
その仕掛け人の館長の平畒さんは、笑いが絶えない楽しい話をしてくださる、とっても親しみやすい方でした^^

宮原10.jpg

楽しませてくれる仕掛けは、これだけではないですよ〜!!
1階・3階に上がる階段の壁・3階の壁や「益川進展示室」には、アートデザイナー益川進さん(呉市宮原出身)の題字が書かれた映画の台本や、写真・ポスターなどなど、たくさんの作品が展示されています。

(平畒さんが持っていらっしゃる台本は、黒澤明監督の映画「影武者」の台本。益川進さんの題字です。)


宮原2.jpg


宮原1.jpg

宮原4.jpg

階段の壁にも作品がずらり↓

宮原6.jpg

ここは、美術館?!と錯覚してしまいそうなくらい益川進アートに浸れる空間になっていました。

館長さんを始め、楽しく優しく親しみやすいと評判の職員さんがいらっしゃる、まるまる楽しめる宮原まちづくりセンターに ぜひ、訪れてみてください〜^^

益川進とは誰ぞや?!と思われる方は、こちら→ 益川進の世界 をチェック!


そして、益川進さんのことは、「伝えておきたい 呉の魅力・お宝90選」(先人・民話・技術編)にも掲載されています。

呉の魅力・お宝90選.JPG

こちらの本も、ぜひ、チェックしてみてくださいね〜^^


【4月おすすめ本紹介/ひろ協働センター】

ひろ協働センタースタッフ 大下です。
早いもので、あっと言う間におすすめ本紹介の時期がやってきました。
今月4月に紹介する本は

⚫︎N女の研究(中村 安希/著)
⚫︎発達障害のピアニストからの手紙(野田 あすか/著)
⚫︎「考える」力をつくる30のルール(長野 真一/著)


P1060912.JPG

上記の3つです。

N女の研究では、最近?脚光を浴び始めた非営利組織で働く女性「N女」達のインタビューで構成された本です。
かく言う私たちも「N女」。
私は、まだ読んでいないのですが(汗)、読むのが楽しみな本です^^

発達障害のピアニストからの手紙 は、発達障害とわかるまでの苦しい胸の内を
本人だけでなく、ご両親の思いも綴られており、
それぞれの立場から見たそれぞれの気持ちが伝わってきます。
「金スマ」で紹介されているところを私も見たのですが、一見、明るく可愛らしいあすかさんですが、
壮絶な苦しみを乗り越えてこられていて
そんな経験がピアノの音を深みのある癒しの音にしているんだろうな。と思いました。
著者あすかさんのピアノ演奏CDも付いているので、ぜひ、あすかさんのピアノの癒しの音を感じてもらいたい。
と思う本です。

そして、
「考える」力をつくる30のルール は、クリエイティブ・ディレクターの箭内道彦さんや
教育評論家の尾木ママといった角界の有名な人たちがモットーにしている「ゴールデンルール」を
5つのジャンルに分けて日常生活で役に立つヒントが30揃っています。
何かヒントをもらえそうな1冊です^^


P1060913.JPG

ひろ協働センターでは、ゆっくり座って本を読んでいただくことができますよ〜^^
広市民センターにお越しの際は、ぜひ、4階まで足を運んでみてください。
今月は、赤べこが皆さまのお越しをお待ちしています^^

P1060914.JPG

2016年11月から全国の映画館で公開されているアニメ映画「この世界の片隅に」。

4ヶ月が過ぎた今も、話題にあがり続けています。
お話の舞台が呉市であることもあって、呉市内でも「映画を観たよ」という方が増えてきましたね。(^^)

さて、3月11日(土)朝日新聞の東京版夕刊に全60段(新聞全面4ページ分)にわたって掲載された新聞広告。
それを抜き出し配布できるようにされた「新聞広告チラシ」を、協働センターでも読むことができるようにしております。

17619830_1297770190289125_1256133035_n.jpg

くれ協働センター(呉市役所1階)では、
受付の「この世界の片隅に」のコーナーで。

17577988_1457184307687734_768769715_n.jpg

ひろ協働センター(広市民センター4階)では、
入り口の「呉のロケ地紹介コーナー」において読むことができます。

17622326_1297770200289124_838979418_o.jpg

原作コミックや関連本などを手にとって読んでいただけますので、お気軽にお越しください。

※配布はしておらず閲覧のみです。ご了承ください。

*この世界の片隅に/新聞広告チラシについての関連リンク*
http://konosekai.jp/campaign/newspaper/

呉市市民協働センタースタッフ 井上


ひろ協働センター 大下です♪

3月22日(火)に、阿賀のイメージキャラクター「あマリンちゃん」が
ひろ協働センターに遊びに来てくれました〜!

あマリンちゃん1.jpg

「あマリンちゃん」は、同じく阿賀のイメージキャラクターの「アガエル船長」を頭に乗せた大空山の桜の妖精なんです〜♪


P1060875.JPG

普段は、阿賀市民センター1階 市民センター長室隣の事務所で
センター長お手製の家の中にいるそうですが
阿賀以外の地域でも活動をしていますよ〜!
3月31日(金)のシビックモールにて行われる「ふれあいコンサート」に
阿賀まち少女合唱団「アマポーラ」の応援に、あマリンちゃんも駆けつけるそうなので
ピンクの妖精 あマリンちゃんを見かけたら、ぜひぜひ、声をかけてあげてくださいね!

それから、それから。
あマリンちゃんには、グッズも色々とあるとのこと!!
阿賀まちづくりセンター主催の婚活イベントで
ご結婚された方には、大きなあマリンちゃんのぬいぐるみを
ご出産された方には、小さなあマリンちゃんのぬいぐるみを
阿賀市民センターで婚姻届け・出生届を提出された方には、あマリンちゃんよだれかけを
プレゼントしているそうです!

P1060874.JPG
ピンクのあマリンちゃんのクッション、可愛いです^^
ピンクは、お母さんの子宮の色でもあるそうで、結婚、出産、縁結び、子宝、安産お守り
をイメージしてあるそうですよ!
「あマリンちゃん&アガエルちゃん応援クラブ」の方お手製の心のこもったグッズ、
ひろ協働センターにも展示してありますので、ぜひぜひ、見てみてくださいね!

ひろ協働センターでは、今後も地域で活躍しているイメージキャラクターや
地域で頑張るまちづくりセンターを紹介していきますね!