【助成金情報/ひろ協働センター】

現在、ひろ協働センターで紹介している助成金情報です。


⚫︎全労済地域貢献助成事業

応募期間:2017322日(水)~45日(水)

対象団体:日本国内を主たる活動の場とする、下記(1)~(3)のいずれにも該当する団体を対象とします。

(1)NPO法人、任意団体、市民団体

(2)設立後1年以上の活動実績を有する団体(基準日:201735日)

(3)直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

対象となる活動:

1)自然災害に備え、いのちを守るための活動

2)地域の自然環境・生態系を守る活動

3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動

4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生みだす活動

5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動

助成内容:1団体に対する助成上限額:30万円。

応募は1団体あたり1事業のみとなります。

Web http://www.zenrosai.coop/zenrosai/topics/2017/21547.html#index01

 


⚫︎木口福祉財団 地域福祉振興助成

公募期間 :平成29年3月13日(月)~4月20日(木)  

応募資格:

障がい者を支援する福祉活動、ボランティア活動に取り組む団体・グループであって 平成28年度に当財団の助成を受けていないこと

助成内容1件あたりの上限額  100万円

助 成 額  助成率は助成対象費用の80%以内で 助成総額は2,600万円を予定

Web: http://kiguchi.or.jp/


 

⚫︎庭野平和財団

受付期間 : 315430 (締切日:430日・必着)

対象:個人・団体のいずれも応募することができます。応募者の国籍は問いません。  団体の場合、法人格の有無は問いません。ただし継続性のあることを原則とします。

 対象となる活動 :宗教的精神に基づいて行われる平和のための活動(A又はB)を対象とします。  

  A. 宗教的精神に基づく社会・平和活動  

宗教的精神に基づく社会活動とは、神仏への畏敬の念から発して、広く社会及び個人の生活

における 物心両面の福祉に寄与することを志向する活動を意味します。

具体的には、特定の宗教の枠を越えて展開されている平和のための教育

開発協力・環境保護・人権擁護・高齢化問題への対策等の活動を指します。

 B. 地域で展開される草の根活動  

様々な団体・個人が共に深い精神性をもって展開され、地域のエンパワーメントを創生する

活動に助成を行います。既存の枠にとらわれない、新しい価値観の創造を期待します。

具体的には地域で展開される草の根の活動が、国内外の人々を助けることにどうつながるのかを意識した活動、つまり「地球的規模で考え、足元から実践する」活動を指します。


 助成金額:最高100万円。但し実際の助成額は審査の結果、申請額より減額されることもあります。

 Web: http://www.npf.or.jp/grant/


 

⚫︎16回トムソーヤースクール企画コンテスト

 実施団体:(公財)安藤スポーツ・食文化振興財団

募集時期:201721日~2017517

対象団体: 学校部門:小学校・中学校

一般部門:定款・規定等があり、組織として活動している団体

対象となる活動: 小・中学生が10人以上参加するユニークで

独創性にあふれた自然体験活動の企画

助成金額:10万円(両部門計50団体)、表彰受賞団体には副賞あり

Web: http://www.shizen-taiken.com/

 


 ⚫︎公益信託富士フイルム・グリーンファンド

実施団体:公益信託富士フイルム・グリーンファンド

募集時期:201731日~201758

助成対象:

1)営利を目的としない活動及び研究。

2)活動及び研究が行われるフィールドは、日本国内であるもの。

3)活動助成の場合には、活動フィールドができる限り申請者(申請団体)によって既に確保されている等、活動フィールドの基盤がしっかりしているもの。研究助成の場合には、フィールドでの研究に対し地権者の許可もしくは協力関係が保たれているもの。

4)個人もしくは団体申請において、活動及び研究の実績があるもの。

5)個人による申請の場合、助成金の使途が助成の趣旨に沿って適確・厳正であり、助成金の使途において本人あるいは親族等、特別な関係のある者に利益を与えないもの。

6)団体による申請の場合、代表者または管理者の定めのある団体で、役員その他の機関の構成、選任方法、その他事業の運営に重要な事項が特定の者、あるいは特別の関係者等の意志に従わずに、決定・運営されている団体。

対象となる活動

1)活動助成は、身近な自然の保全や、自然とのふれあいを積極的に行っている人々に対し助成を行うものです。

活動助成=自然環境保全もしくは自然とのふれあい活動

また、本助成での「身近な自然とのふれあい」とは以下の通りです。

「身近な自然」の対象範囲=地域の里地や緑地、及び学校の樹林等を最小限のスケールとし、園芸の範疇に入るものは対象外とする。「自然とのふれあい」=自然と接し楽しむだけではなく、上記のフィールドにおいて自然環境保全、自然環境教育、自然環境保護思想の普及に資する啓発につながるもの

 2)研究助成は、身近な自然環境の保全・活用の促進に関する具体的な研究や、ふれあいの場としての緑地の質的向上を目指した実証研究等を行っている人々に対し助成を行うものです。研究助成=身近な自然環境保全のための調査研究もしくは自然とのふれあいを促進するための調査研究

 助成金額: 1件あたりの上限額: なし 助成金総額:8,500,000

web: http://www.jwrc.or.jp/shintaku/1.htm

 


 ⚫︎みずほ教育福祉財団 第34回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成」

実施団体:(公財)みずほ教育福祉財団

募集時期:201721日~2017531

対象団体:地域において高齢者を主な事象として活動している、あるいはスタッフの中核が高齢者である比較的小規模なボランティアグループで、下記記載の用件を満たすもの。

必要条件

①登録ボランティアスタッフ数:10人~50人程度

②グループ結成以来の活動実績:2年以上(平成293月末時点)

③本助成を過去3年以内(平成26年以降)に受けていないこと。

④グループ名義の金融機関口座を保有し、規約(会則)、会計報告書類が整備されていること。

※法人格のある団体、老人クラブとその内部団体は対象外です。

 対象となる活動:

①高齢者を対象とした生活支援サービス

②高齢者による、地域環境改善等につながる活動

③高齢者と多世代との交流を図る活動

④レクリエーションを通じて高齢者の生活を豊かにする活動

 

助成金額:1団体あたり10万円を上限とする。

Web: http://www.mizuho-ewf.or.jp/appli1.html


 

⚫︎平成29年度 キリン・子ども「 力 ちから 」応援事業 公募助成

実施団体: 公益財団法人 キリン福祉財団

受付期間:平成29年3月22日(水)~4月28日(金)(当日消印有効)

 助成対象となる団体:

18歳以下のメンバーが中心となって活動する4人以上のグループ。

(既にあるグループでも、今回の計画のために新たに結成するグループでも構いません。)

 助成対象となる活動:

子どもたちが健全に成長していくことを願い、「子どもたち自らが主体となって計画・実施する活動」を助成します。本事業は親などの大人が主体となり、子どもの健全な成長を願う"子育て"とは異なり、子どもたち自らが"主体"となることから、大人ではなく子ども自身を申込者とさせていただきます。

また本事業の趣旨から、学校・フリースクール・児童館・児童養護施設側の大人が主体となって立案し、カリキュラムとして計画・指導・運営している授業・クラブ活動・修学旅行・校外学習等は助成対象外とします。 

 助成金額:

(1)1件(一団体)あたりの上限額15万円(総額400万円)

(2)15万円以内の申請であっても審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合がありますのでご了承ください。

(3)助成金については、平成29年7月末までに全額を一括でお支払いいたします。

(4)申請された活動に対しての自己資金の有無は問いません。

 Web: http://www.kirinholdings.co.jp/foundation/


 

⚫︎高齢社会助成/地域福祉チャレンジ活動助成

実施団体ニッセイ財団

募集期間:2017314日~2017531

募集対象団体 :助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協働で活動していく団体。法人格の有無は問わない

 助成テーマ:

1.認知症(「若年性認知症」を含む)の人の地域での生活を支えるチャレンジ 活動 (本財団恒久分野)

 2.サービスの創出に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む)

 3.インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携による地域づくり  に貢献するチャレンジ活動

 4. 医療・介護・福祉・保健の連携を実現するためのチャレンジ活動

 

助成金額:上限200万円/年間,1団体あたり

     ※2年間、最大400万円

Web: http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp


以上

助成金情報収集担当:瀬戸口