【 第4地区防災訓練 】

IMG_2501.jpg

地域の方々の関心が高いのは、やはり「防災」です。

"いざという時にどう対処すればいいのか"をご紹介できるように、協働センターでもさまざまな防災の取り組みを調べています

2月26日(月)長迫小学校と第4地区まちづくり委員会合同の防災訓練に取材に行きました。訓練内容は、心肺蘇生法・搬送訓練・消火器取り扱い訓練・初期消火訓練・煙中体験で、訓練には小学生を含む、地域住民約170名が参加しました。

 

呉市消防局の亀山さんによる、防災講話「大雨・土砂災害」では、「大雨の時どんな危険があるでしょうか?」など、児童の皆さんに考えてもらいながら話を進めていき、「日頃から家族で防災について考えること、地域全体で防災に取り組むことが大切です」と語りました。

 

講話が終わると、児童の皆さんたちが体育館から退場し、心肺蘇生法と搬送訓練が始まりました。

消防署の方から「AEDは心臓を動かす機械ですか?心臓の動きを止める機械ですか?」という質問があり、多くの方が「動かす機械」を選びました。

正解は「止める機械」でした。

AEDは心臓が痙攣し、血液を流すポンプ機能を失った状態の心臓に、電気ショックを与え正常なリズムに戻すものだそうです。

 

搬送訓練では1人で負傷者を運ぶ方法、物干し竿や毛布を使う方法、ブルゾン3着を用いて竹棒に袖を通し、簡易担架を作る方法など、担架ない場合でも対処できるよう学びました。

 

その後運動場に移動し、消防署の方から消火器の説明と実地訓練がありました。

「消火器はあくまで初期消火が目的であり、火が自分の体くらいの高さにまでなってしまったら危ないので逃げてください」と、話しておられました。

私が1番驚いたのは天ぷら鍋の火災実験です。体験したことでどれほど危険かよく分かりました。

360度以上に熱した天ぷら油は発火し燃焼します。水をかけるのが一番危険で、水を入れると炎は爆発的に拡大します。

蓋をする、水で濡らしたバスタオルで覆う方法、簡易スプレー式の消火器を用いた消火方法を学びましたが、一番大切なことは何よりも、火をつけたまま台所を離れないことだそうです。

どんな短時間であっても火をつけた状態でその場を離れない。

注意することで火災を防ぐことができます。

 

協働センタースタッフ 岩崎