スタッフルーム(コーディネート事業)の最近のブログ記事

IMG_5190.JPG

協働センターでは、団体同士のマッチングや、様々な団体さんの運営に役立つ情報提供のために、自治会やボランティア団体、まちづくりの取り組みを取材しています。
 
先日第8地区のとんど祭りをご紹介しました。第8地区ではとんど祭り以外にもたくさんのまちづくり活動に取り組んでおられます。
その中でいくつかを紹介します。

1月初旬、第8地区自治会連合会の会議の場で取材の時間を設けていただきました。
私は呉の祭りが好きなので、この地域にある鯛乃宮神社の祭礼について教えていただきました。祭りは第8地区の自治会や青年団、子ども会などが協力して行っています。

鯛乃宮神社の歴史は古く、現在の社殿は1740年に再建されたもので、270年以上前から存在していることになります。
呉の祭りといえばヤブですが、1番から3番までのヤブの面の歴史も古いそうです。
当時ヤブの面は鉄工会社を営む個人の家で保管されていたそうです。呉空襲の時に他の面は焼けてしまったのですが、この3つの面だけは奇跡的に空襲を免れました。そのため代々大切にされているそうです。いつから祭りが始まったのかは定かでないですが、ずっと変わらないものがある、守られているってすごいことだと思いました。
これからも鯛乃宮神社の祭りは地域の方々により継承されていくのだと思います。

また8月には第8地区まちづくり委員会主催で、二河川公園周辺で地区のふれあい祭りが行われるそうです。
地域の方々の手作りのもので飲食コーナーを設けたり、ゲームコーナー(ヨーヨーつりなど)があったりと、子どもたちが集う賑やかなイベントなのだそうです。

「まちづくりに一緒に取り組んでくれる中間層が少ないと感じることもあるが、祭りの時には子ども会のお父さんたちなど、若い人たちが積極的に参加してくれるので嬉しい。様々な世代が地域に目を向けて、一体感のあるまちづくりをしたい」と、三条3区の自治会長さんはおっしゃっていました。
  
協働センタースタッフ 岩崎

26903953_1676577812402302_9072398896257538081_n.jpg

今日の呉は本当に寒いですね。
積雪しているところもあるようです。
目に温まれるように、地域のとんどの様子をお伝えしたいと思います!
 
昨日、様々な地域でとんど祭りが行われたようですが、スタッフは、二河川河川敷で毎年開催されるどんどに行ってきました。
  
10メートルを超えようかという大きなとんど!
点火予定時間の13時には、今か今かと点火を待つ人たちがたくさん集まっていました。
 
年男・年女の人による点火。
点火すると、みるみるうちに火が燃え上がりました。

とんどを見る子どもたちからは大歓声!
書き初めを一緒に燃やすそうなんですが、灰が天まで昇ると字がうまくなると言われているそうです。
また、竹の油で焼いた餅を食べると元気になるそうです。
 
点火後は、お楽しみのぜんざいやバーベキュー。
ぜんざいは、12年前頃から民生委員さんによって振舞われているそうで、500食ほど用意されているそうです。
 
また、外国人の人の多さに驚きました。
国際交流協会さんが実施している「日本語サロン」で日本語の勉強をしている呉市内の外国人の皆さんで、この日は50名ほど来ていたそうです。
ぜんざいを食べたり、地域の方とお酒を飲み交わしたり、思い思いに楽しまれていましたよ。
 
第8地区自治会さんが主催されていますが、どこの方でも参加できるどんど祭り。
様々な世代の方、国籍の方が集まることができる、素敵な場を見せていただきました!
地域イベントは、地域のコミュニティを大切にすることと、開かれた場にしていくことの両方が大切なのかもしれません。
 
主催されている第8地区自治会さんには、他の企画や打ち合わせの様子も取材させていただきました。
その様子はまた後日、詳しくお知らせします。
  
 
協働センターでは、団体同士のマッチングや、様々な団体さんの運営に役立つ情報提供のために、自治会やボランティア団体、まちづくりの取り組みを取材しています。
 
取材した情報はこちらのfacebookページやセンターの掲示物でお知らせしたり、様々な団体の皆さん、また個人の方からの相談に活かしていきますので、情報収集や相談などにセンターをご活用くださいね!
 
 
  
スタッフ 小野

IMG_8840.JPG

阪神大震災は今日で発生から23年となりました。

災害が起きた時、大切な命を守るためにどうしたらいいのか、今一度防災について考える機会になればと思います。


協働センターでは"いざという時にどう対処すればいいのか"をご紹介できるように、さまざまな防災の取り組みを調べています

長浜連合自治会と呉工業高等専門学校が連携して長浜地区防災マップを作成していると聞き、広市民センターでの打ち合わせに同席し取材させていただきました。

 

お話を伺ったのは呉市まちづくりサポーターであり、広まちづくり推進協議会の山根さんです。

長浜連合自治会は"まちを元気に、まちが一体となって安心安全なまちづくり"を目指して防災に取り組んでいます。

広島市安佐南区の梅林学区自主防災会連合会が作成した防災マップに習い、昨年から長浜地区の防災マップを作成されています。

作成にあたり、各自治会、呉高専の生徒などと一緒に長浜のまち歩きをして危険な場所の情報収集や、避難する際の課題の整理を行いました。

地域の防災マップを作成した後は、各自治会で狭域の防災マップを作成、避難経路などを地域住民で検討していくそうです。

 

昭和20年枕崎台風の影響で呉でも大きな被害が出ました。

この地域でも砂防ダムを作るなど対策が取られたものの、昭和42年局地豪雨により大きな被害を受けました。

「災害の教訓は生かされなかった」と、山根さんは感じたそうです。

「昔は今と違って情報が入って来なかった。雨が弱くなった後で鉄砲水が来た地域もあった」とおっしゃっていました。

防災に取り組むには地域の中で協力することが必要で、自分たちの力で自分たちの問題として取り組めるようなマップにしたいと考えておられます。

この取り組みを継続して取材していきたいと思います。


協働センタースタッフ 岩崎

【宇佐神社の祭りアテンド】

21766788_1559548997438518_3964764031099441249_n.jpg

 
日本語学習や交流活動を通し、様々な文化をもつ人々が相互認識と理解を深める活動をされている、公益活動団体「ひまわり21」。
 
9月23日の宇佐神社の祭りにアテンドさせていただきました。
ひまわり21の日本語教室の学習者や呉高専の留学生など、7カ国12人が鍋地区の祭りに参加しました。
 
北区の子ども神輿に参加し地域の方々と一緒に町廻りをしました。
地域の方々はとてもあたたかく、積極的に海外の方と会話をしてコミュニケーションをとってくださいました。
日本人が英語で質問して、海外の方が堪能な日本語で返す一幕も。
「ワッショイ!!」の掛け声はこうするんだと、言葉だけでなくユーモアを交えながら身振り手振りで教えてくれた方、「一緒に写真を撮ろう、来年も祭りに来てよ」と声を掛けてくれる方もいました。
 
参加者は祭りに登場するヤブと写真を撮ったり、子ども神輿を担いだり、太鼓を叩いたり、幟を持たせてもらったりして呉の祭り文化に触れました。
初めての体験ばかりで色々と大変だったと思いますが、参加者の皆さんは意欲的に取り組んでくださいました。
夜勤明けにも関わらず祭りが見たいと参加してくれた方もいて、そう思ってくださったことがありがたかったです。
 
最後に、和やかで楽しい時間を送ることが出来たのは地域の皆さんのご協力のおかげです。快く迎えていただきありがとうございました。
 
このような機会をまた作ることができればいいなと思います。
 
 
協働センタースタッフ 岩崎
21430167_1545470308846387_5968529424550836294_n.jpg

「ひまわり21」の皆さんと9月23日(土・祝)に鍋地区の祭りを見に行く前に、呉の祭りについて学びました。

ひまわり21さんは、海外の方の日本語学習や交流活動を通し、さまざまな文化を持った人々が相互認識と理解を深める活動をしている団体です。21462806_1545471698846248_681809557981630621_n.jpg

呉の秋祭りとは、ヤブってなに?、ヤブの面について、俵もみとは?、個性的な衣装について写真や資料をもとに話をして、昨年スタッフが撮影した宇佐神社の祭りの動画を見てもらいました。

21371191_1545471788846239_1576128494366592694_n.jpg

"ヤブって怖そう"という印象を持った人が多かったようです。

今日の参加者の話によると、フィリピンでは9月から11月にかけて祭りをするそうで、それは呉の祭りと同じです。
サトウキビの豊作を祈って祭りをするそうで、国によって豊作を祈る対象は違うことが分かりました。
また面の重さは3キロもあるとのこと、とても重い面で想像するだけでも大変そうですね。

21616416_1545470725513012_8285153348521201247_n.jpg

またベトナムでは祭りで太鼓をたたくそうです。
以前熊野に行事で訪れたとき、太鼓があったのでその方が太鼓を叩いてみたら、そのリズムは日本と同じような感じだったそうです。
母国には神社がないそうで、神社の存在自体に驚かれていました。

21462475_1545470825513002_9048334120158474605_n.jpg

参加者に「ヤブの衣装を着てみたい」や「実際に祭りを見てみたい」と思ってもらえたこと、嬉しく思いました。
展示していたヤブの写真は大人気で一緒に撮影する姿を目にしました。
実際に見る祭りは迫力があります。
ぜひ、ひまわり21の皆さんに祭りを見てもらいたいなと思います。

協働センタースタッフ 岩崎




協働のコーディネートを担当させてもらった「入船山夏祭り」が、8月27日(日)に開催されました。
 
笑顔溢れるとても素敵なイベントになりました。

21077390_1223115547800590_169999897885192493_n.jpg

21151412_1223115504467261_214341313785141209_n.jpg21150376_1223115931133885_6048205205001302835_n.jpg21150274_1223116177800527_8561258579081156070_n.jpg21150005_1223115914467220_3823651551827963730_n.jpg
美術館通りの新しい景色、そして、呉の店舗や作家の方々と美術館や入船山記念館との新しい協働のかたちが見られたのではないかと思います。

21192440_1223116231133855_4122412378459635541_n.jpg21192143_1223116301133848_4850472237050107667_n.jpg21192004_1223115557800589_9762311772834709_n.jpg21078584_1223116354467176_1448452917518802106_n.jpg
21149900_1223115411133937_5640832077143623069_n.jpg
21078614_1223116307800514_3271162395641974650_n.jpg
呉の歴史と文化を感じる場所。
まずは市民が知って、呉を訪れる人たちに素晴らしさを伝えて行きたいですね。
 
こうした、様々な分野の人たちが一つの目的に向かって作り出す企画を、これからも応援していきたいと思います。
 
 
呉市市民協働センター
まちづくりコーディネーター
小野







20953628_1528650870528331_4430211007298999392_n.jpg

9月23日(土)に鍋地区の祭りが行われます。

海外の方の日本語学習や交流活動を通し、さまざまな文化を持った人々が相互認識と理解を深める活動をしている公益活動団体のひまわり21。
日本語教室の参加者を宇佐神社の祭りに協働センタースタッフがアテンドします。
きっかけは代表の「日本語教室の参加者に呉の祭り文化に触れてもらいたい」という思いからでした。

先日警固屋まちづくりセンターで行われた宇佐神社祭礼実行委員会の打ち合わせに協働センタースタッフも参加しました。
11地区(鍋山団地・1区〜10区)の会長をはじめ関係者が集まりました。
北区(鍋山団地〜4区)・中央区(5区〜7区)・西区(8区〜10区)が祭りを盛り上げます。

とても和やかな雰囲気の中打ち合わせは進んでいきました。
配られた資料の中にこんな一文がありました。
"無事故で和気藹々と楽しい1日となりますよう、皆様のご協力をお願い致します"
祭りは地域の方々の協力なしに成立しないし、こうやって今までもそしてこれからも、呉の祭り文化は継承されていく。
今後くれ協働センターで取り組みを詳しくご紹介したいと思います。

協働センタースタッフ 岩崎

【協働のコーディネートのご紹介】

呉市市民協働センターでは「協働のコーディネート」という取り組みもしています。

地域の問題について、市民活動団体×自治会、行政×ボランティア、企業×学校 などなど...というように、それぞれの団体の特徴を生かしながら繋げて進めていくことで解決したり、より良い動きにしていこう!という取り組みです。


今、第6地区(片山地区など)の運動推進協議会さんが5月に実施される地域の『この世界の片隅に』のロケ地を巡るウォーキングイベントのコーディネートをさせていただいています。
※ 基本的に地域の方中心の参加イベントです。
 
「ロケ地を巡るウォーキングがしたけれど、ロケ地はどこか?また実施で気をつけるべきことは?」ということでご相談があり、ロケ地について詳しい呉観光協会さんと繋がせていただき、協働センターも一緒に準備を進めています。    
 
先日、コースの中で休憩所として利用させていただく畝原自治会館に立ち寄ったところ、ロケ地マップが掲示してありました♪

18342044_1421146361278783_3021251468656771374_n.jpg

 
このゴールデンウィークも、映画を見て呉を訪ねた方がたくさんいらっしゃったようです。
来られた方たちに胸を張って呉を紹介できるように、地元の人に正確にロケ地を知ってもらえる機会となればと思います。 
 
写真は、畝原町自治会の方と第6地区運動推進協議会の方との打ち合わせの様子とウォーキングコースの風景。
(コースは全て公道で自治会の方にも了解を得た場所に限っています。)


18342650_1421146371278782_4248423877878553388_n.jpg


18423755_1421146457945440_8176947543696849982_n.jpg  

18300833_1421148877945198_2211451640261589076_n.jpg

様々に団体や人を繋げて、より良い取り組みを生んでいけたらと思います。
  
 
  
スタッフ 小野




【「リーサスカフェ@呉」開催報告】

1月25日(水)の「リーサスカフェ呉@呉YWCA」の様子をお知らせします!
 
協働センターでコーディネートさせていただき、もみじ銀行さん主催で開催しました。

16864769_1344496365610450_3360043065396704346_n.jpg 
「RESAS(リーサス)」という地域経済分析システムの使い方を、観光とまちづくりを軸に、実際に使いながら学ぼう!という勉強会。
 
RESAS(リーサス)
https://resas.go.jp/#/13/13101
 
データが膨大なので、参加者の方々もはじめは使い方に迷っていたのですが、細かなエリアごとの時間別の人の動きや、人口移動の年齢や地域なども見られることがわかり、実践的な利用の仕方をそれぞれが発見されたようでした。

16807273_1344496358943784_8290133887121660567_n.jpg
 
参加者の方々は、観光関係の方、市職員、商店主、まちづくりに関わる人など様々で、皆さん、交流も楽しまれているようでした。

16807317_1344496355610451_2480588708100609550_n.jpg  
また、このような協働の企画をコーディネートしていきたいと思います。
企画にあたって、様々な分野の人を巻き込んで、より大きな動きを作り出したい!と思われている団体の方、個人の方は、協働センターに是非ご相談くださいね。
  
 
スタッフ 小野

[ 出前講座でチームビルディング】

こんにちは

スタッフの山本です。
先日、呉から盛りあげ隊さんと一緒にワークショップを行ってきました。

呉から盛りあげ隊さんは、呉市中央地区をもっと盛り上げたいという思いのある若手の方が集まった団体さんです。昨年から呉市中央地区で月一回定期的にイベントをおこないながら様々な取り組みを行われています。
今回、協働センターで企画しているまちづくりコーディネーター事業の出前講座として、他都市のまちづくりの事例紹介と団体の活動力を高めるためのチームビルディングのワークショップを行ってきました。

呉から盛りあげ隊さんのように若い人たちが中心となって、まちの中で色々な仕掛けをして盛り上がっていくのが楽しみですね^ - ^

呉から盛り上げ隊さんのホームページ
http://tomorrowclub.co.jp/kurekaramoriagetai.html


11229412_1036285106431579_5126889124071636101_n.jpg