団体概要

くれまち☆公園団は、1999年に呉市で初めて行われた公園づくりワークショップを経験した有志により結成された市民活動団体(ボランティア団体・NPO)です。呉市の公園計画づくりを、自治会・行政・NPO・企業・学校など多様な立場の市民や団体と連携し行っています。

団体概要
名称 くれまち☆公園団
ふりがな くれまちこうえんだん
活動の目的 呉のまちで、市民と市民が互いに助け合い、豊かなコミュニティを築く、きっかけとしての公園づくりワークショップを主宰する。
代表(団長) 佐々木克己
連絡先 〒737-0029
呉市宝町1-10呉市交通局宝町ビル8階 呉サポートセンターくれシェンド内
TEL 0823-21-7667
URL kuresc.net/koendan/
団員数 30名
設立年 2000年

活動実績の紹介
平成16(2004)年度 古新開第4公園
新設。古新開は、呉市の中で新しいまちづくりがはじまっている地域で小さな子どもも多いです。横路小学校の子どもたちが1年間の授業の中で低学年や家族の意見を集約して公園づくりにチャレンジしました。敷地測量や複数案を計画し自治会に提案し、思い出の公園づくりを行いました。
平成14(2002)年度 豊栄東公園
CubicVR改修。再生された石の山と回転する怪獣ボボンチャイが公園の特徴!冒険のできる公園です。阿賀地区は学校が集まっている地域。ワークショップの住民意見を元に中学校・専門学校・高専・大学などが参加したコンペ形式で公園の基本設計が採用されました。
平成14(2002)年度 大新開公園
CubicVR改修。ゾウ(怪獣・羽衣)と呼ばれていたコンクリート遊具を残して遊具の配置を見直したりしました。バスケットが盛んな地域なのでゴールを設置したり、商店街も近く多くの人が訪れる明るく人気の公園になりました。
平成13(2001)年度 阿賀西町公園
CubicVR改修。海が近い地域でシンボルは黄色の潜水艦!フェンスの下には子どもたちの作成した海の生物が棲んでるいます。地域の祭が復活したり。小さな公園づくりが地域づくりに貢献しました。
平成13(2001)年度 文化新開第2公園
CubicVR改修。住宅地の中にある公園は、地域の祭の場としても利用されています。「砂場の復権」をテーマにちびっ子も安心して遊べる砂場が大人気の公園に生まれ変わりました。
平成12(2000)年度 呉ポートピアパーク音楽噴水跡地
ランド(遊園地)から引き継いだ音楽噴水の老朽撤去により跡地の利用を検討。来園者とともに青空ワークショップで意見を集約しました。
平成12(2000)年度 本通第1公園
CubicVR改修。シンボリックな4本の桜の老木と段差のある公園。桜を元気にするためには?段差の活用は?本通小学校や2つの自治会が中心になり公園を考えました。段差のある敷地を活かした階段ベンチや健康遊具が大人気です。(ミッ○ー花壇や将棋ベンチがあるよ)
平成11(1999)年度 本通第2公園(きらら公園)
CubicVR改修。記念すべき呉第1号のワークショップ公園です。きらら公園とよばれています。天の川をイメージした歩道が印象的。街の中にあるオアシスです。
【注記】くれまち☆公園団設立のきっかけになりました。

団員募集

くれまち☆公園団は、広島県呉市を中心に活動する市民活動団体(ボランティア団体)です。「思い」が同じ方ならどなたでも参加できます。また、団員に登録すると活動情報をメールでお知らせします。

  • 呉のまちが好きで、まちづくり活動に積極的に行動できる方
  • 人と人の交流が好きで、仲間と一緒に活動したい方
  • まちづくりワークショップやまちづくり活動を学びたい方

最近の記事

公園設計コンテスト作品募集
 これまでのアンケート等での「地域の声」…
古新開第2公園意見交換会【開催報告】
2010年11月14日。北古新会自治会…
公園でオープンカフェ【開催報告】
 11月7日(日)10時〜15時。古新…