年寄りでも役に立つ

広島大学のY教授からメールが入った。 「障害を持っていてスポーツを続けている中高年の人を紹介しもらえませんか」という内容であった。 昨年は、スポーツに関しては、若い人のデーターでないと論文に書くのには無理かな?という話を聞いており、歳をとると世の中から、必要とされなくなるのだなーと、寂しく思っていた。 ところが、今回は、若い世代と中高年者の比較をしたいので協力してくれる、高齢者の方を紹介してほしいとの事である。 やはり年寄は、世の中に居なくてはいなくてはならない存在だろうと、大声で叫びたい気持ちになった。 70歳を超えても、車いすマラソンで42.195キロメーターに挑戦しているランナーも居る最近です。 私もクルマイス暦30年、大分国際車いすマラソン暦25年連続出場ですが、年明けからやる気消失気味で、トレーニングも、とどこうりがちでしたが、もう少し走ってみようかな!と、ビールを飲みのみ気持ちを高めているところ。