俳句

IMGP0252.JPG

昨年末NHKドラマ"坂の上の雲"で正岡子規の晩年を見ることができた。

忘れかけていたけれども、宮原に句碑が建てられているのを思い出した。

なんで呉に句碑があるのか不思議であったが、

先週だったかヤマトミュウジアムの学芸員の方がテレビで、

日清戦争のとき従軍記者として、呉に滞在したということを話されていたいたのを聞き、

そういった関係なのかと、少しは理解できた。

 

そんなことがあって

自分も俳句を習っていたことを思い出した。

もう50年も前のこと・・昔むかしのこと、、、、、

わが青春、高校時代 "変わった高校だったかもしれない"

文芸部があったが、教師と生徒が同レベルで俳句を勉強する部であった。

正岡子規に俳句を習った一人に、高浜虚子がいるが虚子に俳句を習った方が

高校の近くに住んでいた方で、俳号を"十雨"といって

勾玉会を主催されていた。

この方に教えを乞うていた。

上の写真は、高校3年間で私が作った俳句が記載されている機関誌である。

 

最初に選んでいただい句

 

薄氷の その間に見ゆる 金魚かな

傘一つ 親子寄り添い 春の雨

こんな拙い句からの始まりであった。

 

ノートは昭和33年から作った俳句を記録しているもの。

 

20年くらい前にはRCCの煙石さんが担当するラジオ番組で

俳句のコーナーがあり、時々投稿しては取り上げてもらっていた。

 

思い出したのを機会に、昔の俳句をひもといたり

新しく作ったりと、再開してみようかな!!

 

コモの中 輝きて咲く 寒牡丹

 

つい先日テレビで見た光景、雪のちらつく寒い中、

 コモで雪除けをしてもらった牡丹がなんとも輝いて見えた。