くれボランティア情報
[ ← もどる][ × このウィンドウを閉じる
line
環境保全[登録番号:294]
安浦・自然と環境を育む会
平成13年5月「安浦・水と命を育む会」として発足し安浦の環境改善、有機農法を有用微生物(EM)活用し活動してきましたが、さらなる発展及び環境改善エコクッキング食育普及をするため、H20年4月より会の名称、組織改変し安浦・自然と環境を育む会として活動していく
代表者 会長 山田 賢一
連絡先 〒737-2516 呉市安浦町中央4‐3‐2 安浦市民センター内 地域協働スペース
TEL 0823-84−2261
FAX 0823-84-6684
携帯電話
e-mail
設立時期 西暦 2008 年 4 月
活動分野 環境保全,地域社会,教育・文化・スポーツ,国際交流・協力
活動地域 安浦町内、他地域の有用微生物(EM)活用団体及びエコクッキング食育推進団体交流
団体の目的 この会は「町づくり脱温暖化やすうら」(H19年5月設立)の構成団体のひとつです。本会は、地域の特性をいかし「生き生きした町安浦」を基本テーマとして、安心・安全で暮らせる環境のまちづくり、食育・エコクッキングの重要性を認識し、知産知食で健康でゆとりあるまちづくりの推進に寄与すること。
温暖化防止活動への推進に寄与する。
主な活動や事業 (1)有用微生物による環境浄化、保全に努め、安浦の自然を守る。
将来は(昭和30年代までいた)川には、ほたる、メダカ、アユ等を追っかける子供達の姿を復活
・ゴミ減量を普及し二酸化炭素(CO2)削減に努め脱温暖化への貢献
(2)食育推進の啓発活動
知産知食でエコクッキングの料理教室実施=合言葉は知産知食
有用微生物による無農薬野菜を使っての料理
将来は百歳バンザイ、長寿で元気な町安浦を目指す
「町づくり脱温暖化やすうら」の構成団体一つとして連携をとり活動し、(財)広島県環境保健協会との連携
コメント
その他
会員 300 名
専従職員
会費 年1,200円
出版物 EM発酵液及びEMボカシのつくり方と活用方法
交流希望
URL
line
ご意見・ご感想は tiiki@city.kure.lg.jp までお寄せ下さい。
Copyright(c) 2001--2010 呉市 市民部 地域協働課

[ ← もどる][ × このウィンドウを閉じる